雨漏りの修理はお任せください。雨樋も直せます。

今年も異常気象が起きていて、雨の降り方も今までにないような、短時間に大量の雨が降ることが多くなっています。3年くらい前から、雨漏りの修理依頼が急増している状況にありますが、雨の降り方が今までとは変わってきていることと関係が有るように思われます。

雨漏りの修理は、特に屋根の板金工事をする者の技術が求められる難しい仕事です。他にも大工、板金屋、塗装屋、瓦屋、左官屋という技術者の中の一技術者が行って直る場合も有りますが、各職方が連携してことに当たらねばならない事も有ります。

私たちは、長年家を造ってきた経験と家を修理してきた経験を生かして雨漏りを修理しております。雨漏りでお困りの方は私たちにお問い合わせください。

実際の雨漏り修理の工程を解説いたしますのでご覧ください。

屋根に穴が開いていた例です       屋根材を修理して塗装いたしました

増築したつなぎ目からの雨漏りの例です。    板金工事を施して修理します 。

この工事により酷い雨の降る日も洩らなくなり、施主様も喜んで下さいました

屋上防水工事の様子です。水抜きの箇所を点検しています。

雨漏りの修理を頼まれると、おおよその見当をつけて雨漏りの箇所を見つけます。今回の依頼は瓦屋根の家で寄棟造りということでありましたので、屋根に上がって谷間を中心に見て回りました。その結果、予想した通り銅版の谷の板金が傷んでいるのが見つかりました。

その様子を映像にてご覧下さい。

そばまで行きます     穴が開いていました

屋根の下の様子(雨水が落ちて濡れています)

雨漏りを修理するには、特に板金工事の技術が求められる事が多いです。日本の家屋は屋根の雨漏りを防ぐために銅版を加工して使用していることが多く、最近は酸性雨が多い為でしょうか、この銅版に穴が開いて雨漏りしている場面によく出会います。

この場合は板金工事を施して、雨漏りを修理いたします。銅版の変わりにステンレスの板を加工して使用することもあります。

板金加工をして雨漏りを修理します。

瓦屋根からの雨漏りは、棟瓦を積み直して漆喰を施す工事をしなくてはならない場合もあります。漆喰が痩せてきて無くなってしまうと雨漏りがしますが、その前に漆喰を塗って継ぎ足しで済む事もあります。その様子をご覧下さい。

棟瓦に漆喰を塗っています

雨漏りを修理するには他にも防水や塗装をしたりして直す場合がありますが、私たちはどのような場合でも対応させていただきます。スタッフが揃っていますので充分なご説明と対応策を提示させて頂きます。雨漏りの修理のご依頼は下記にお問合せ下さい。

雨漏りの修理のご依頼、お問い合わせは

メールの方は、お問合せのフォームからお送り下さい。

TEL/FAXの方は0475-25-8300へお願いします。

お急ぎの方はホットライン090-1469-9357へお願いいたします。

私たちのところでは、初めのころは雨漏りの修理は特に宣伝をするという事はしていませんでした。しかし、「雨漏りがして困っている」、「雨漏りの修理をお願いします」との声がお客様から多く寄せられるようになって、このご要望にぜひ応えてみたいと思うようになりました。何時の間にか、雨漏りの修理が私たちの仕事の一部になっていったのです。

お客様のところに伺ってみると、「業者に頼んだけれど直らない」「家を建てた業者に連絡しても良く見てくれない。そのうちに来なくなってしまった」と云うお話を度々お聞きいたします。雨漏りの修理は簡単なことではないということです。

私たちのところでは、長年に亘って家を建ててきた大工としての経験と、また、板金とリフォーム工事にも精通しているスタッフが雨漏りの修理をいたします。雨樋の修理と交換も私たちの得意な分野であります。建物の構造を熟知しているスタッフが、その積み重ねてきた経験から雨漏りの箇所を突き止めて修理します。

私たちのところには、雨漏りに関する様々な相談が寄せられますが、皆様の住まいの構造を考慮して最善の方法を提案させていただきます。

雨漏りを修理するスタッフです

雨漏りでお困りの方はご相談下さい。親切なスタッフがお応えいたします。

コンクリートや鉄筋の建物で、屋上が平らな場合はシート防水やウレタン、FRP、アスファルト防水といった方法で防水が施されています。これらの方法で防水工事がなされている場合も定期的なメンテナンスは必要とされます。

排水ドレインを点検しています。

上の真ん中の写真で、手の辺りで色が違っているのがお解かりでしょうか。これは、トップコートという上塗りを掛けたところとそうでない箇所の違いが見えているのですが、3年に1回は1番上にトップコートを塗ってあげると主剤が保護されて防水効果が長持ちします。

防水工事を施すと永久に持つものと思われる方がおられますが、定期的なメンテナンスが必要であり、早めに1番上に塗られているトップコートを早めに塗り替えてあげることが、少ない費用で防水効果を持続させる方法であると考えます。

雨漏りの原因には、屋根に葺いてある瓦やカラーベストなどに原因がある場合、棟板金や谷の板金が痛んで雨漏りする場合、屋根ではなくて外壁にその原因がある場合など様々です。

雨漏りを修理する時に困るのは、雨漏りしている真上に原因があることはほとんど無くて、離れた箇所にあるということです。これには、雨水の通り道を良く観察して原因を突き止める勘と経験も必要とされます。 下記に主な原因を挙げてみました。

屋根に葺いてある瓦、カラーベスト、亜鉛鋼板などに原因がある場合は雨漏りします。

棟板金や谷の板金が劣化してくると雨漏りがします。谷の板金が傷んでの雨漏りが一

番多いのではないでしょうか。

エアコンの配管、アンテナ、電気の配線の取り付け方が悪いと雨漏りの原因となること

があります。

瓦の漆喰が劣化すると雨漏りの原因となります。

雨樋が落ち葉や砂などで目詰まりすると、雨水が行き場がなくなって溢れ、外壁から家

の中に浸入する原因となります。

外壁と窓のサッシといった材質の異なった箇所から雨水が浸入することもあります。防

水テープやコーキングの処理が適切になされているでしょうか。

無理な増築が原因で雨漏りする場面にも良く立ち会います。雨仕舞いが難しいので年数

の経過と共に雨漏りする事があります。

千葉市及び長生郡での屋根の修理(リフォーム)はおまかせ下さい。

屋根の修理をお考えですか。

屋根の雨漏り、苔などの汚れや色あせなどの悩みにお応えするため、屋根の修理から屋根の塗替えや葺き替えまでご提案させていただきます。

屋根を塗り替えるか葺き替えるか

屋根の修理には塗装による修理と葺き替えによる修理の二つの方法があります。私たちは屋根の状況を判断してお客様のご要望と照らし合わせて最善の修理方法を提案させていただきます。

屋根は毎日過酷な状況に耐えています

屋根は一年を通して強い日差しを受け、雨風に晒されたり、雪や霜を防いだりと過酷な状況にあって、私たちの生活や家財を守ってくれる重い役目を担っていますが、その割りにはメンテナンスが十分ではない場所ではないかと思います。台風でも来なければ私たちは屋根のことは気にしないのではないでしょうか。

実際に行った屋根の修理をご紹介させて頂きます

このページでは私たちが日々行っている様々な屋根の修理(リフォーム)を紹介して参ります。、皆様が屋根の修理をする際の参考になれば幸いに思います。

屋根の材料でカラーベストと云う屋根材があります。屋根の材料としては一番多く使われていると思われます。この材料は定期的に屋根の塗り替えをして塗幕で表面を保護してあげないと傷んでしまいます。

この屋根の修理を依頼されましたので、実際に工事をしている状況をご覧になって、屋根の修理をされる時の参考になさっていただければと思います。また、屋根の棟板金とそれを止める下地の野地板が傷んでいましたので交換いたしました。これも併せてご覧下さい。

屋根材であるカラーベストの状況はこの様でした。大変傷んでいましたが、屋根を張り替えないで洗浄してシーラーを塗布してから塗装して工事をすることにしました。

タワシと皮好きを使ってケレン作業をして汚れを取り除きます。 これが結構大変な作業になりますが、しっかりやらないと早く色あせたり剥がれの原因になりますので気を抜かないで綺麗にします。

次にシーラーを塗布します。カラーベストが固められ丈夫になり、また塗料との接着が良くなります。 前回塗られた塗料が水性であり、屋根の傷み具合を考慮して日本ペイントの一液ベストシーラーを使用しました。

シーラーを塗布した状況はこんな感じになります。カラーベストが硬くなり艶がでてきます。丈夫になって塗料に密着しやすくなります。

屋根の棟板金とその下地である野地板が傷んでいましたので、交換することになりました。カラーベスト屋根のつなぎ目に被せる様に取り付けてあります。

このカッパと呼ばれる棟板金は雨漏りを防いでいます。これを取り付けるために、下地として野地板と言う厚さ15ミリ、幅90ミリの杉板が張られていますが、年数の経過と共に傷んできますので、屋根の塗替えをする時には一緒に点検されると良いと思います。

以前の物は鉄板で出来ていましたが、最近はガルバー鋼板という錆びにくい物がありますので海岸近くにお住いの方や長持ちさせたい方にはこちらをお勧めします。

棟板金(カッパ)と野地板を交換しています

屋根のつなぎ目になりますが、谷と呼ばれる場所があります。そこの板金が錆びている箇所がありましたので、錆止めを塗布しました。赤く見えるところが錆止めを塗った箇所です。

次は中塗りをします。要するに仕上げの1回目の塗装工事です。

そして、上塗りをします。仕上げの最後の塗装です。最初の状態と比べるととても綺麗になった事がお分かりだと思います。屋根は雨を防ぐ大切な役目をしています。住んでいる方には良く見えない部分ですが、その役目は重いものがありますね。

この役割を果たすには、カラーベストの屋根の状況を的確に把握して、最適な塗装を施し丈夫な塗幕で保護してあげたいものです。

屋根のカラーベストを塗り替えた状況はこの様にきれいに丈夫になりました。

屋根の材料でガルバー鋼板と云う軽くて錆びにくく、グレードの高い物は熱を遮り暑さ寒さを防ぎ、雨音をも静かにしてくれる良い屋根材が近年登場しました。カラーベストは年数が経つとそのうえを歩いただけでも割れたりしますので、丈夫な点では更に優れものです。実際の工事の状況をご覧下さい。

ガルバー鋼板に葺き替えました。

以前はトタンの屋根で雨漏りが酷く塗装では対処しきれないので、吹き替え工事をすることになりました。

屋根の傷みが酷い時は、塗装では対処しきれません。その場合は屋根の葺き替えも考えなくてはなりませんが、ガルバー鋼板の普及が進み、価格がお手ごろになって参りましたので、工事費が以前に比べるとかなり抑えられます。また、最近のは、断熱材が入っていて遮音、遮熱性能も併せ持っているものが多くあります。

今回の屋根材の色は濃いグリーンですが、ブルー、 ベージュ、クリーム、アイボリー、ゴールドメタリックなど色々なカラーの中からお選びいただけます。屋根材が軽くて丈夫ですので安心ですね。

屋根には、雨水がスムーズに流れるように棟や谷に板金工事を施してありますが、年月の経過と共にこの板金が傷んで穴が開くという状況が起きますと雨漏りの原因になってしまいます。

雨漏りを直しに行って見ると、この谷の板金が傷んでの屋根からの雨漏りが非常に多いと感じています。屋根に施されている板金の修理を行った様子をご覧下さい。

これは、増築した部屋と既存の家のつなぎ目に、板金加工をして雨仕舞いをした箇所です。部屋の天井の高さを取るために、屋根の形に無理が生じて10年ほどしてから雨漏りが始まりましたが、この雨漏りの箇所を見つけることができました。

銅板で雨仕舞いを施した箇所に穴が開いていました。小さな穴ですが、多量の雨がお部屋に落ちて来ました。

穴の開いている箇所をふさぐために銅板又はステンレスを板金加工します。

雨漏りのしている箇所を覆うように板金加工します。瓦を元に戻して工事を終了します。

屋根の修理は私たちにおまかせ下さい。板金工事で済む場合もあれば塗装で済む場合 もあります。たとえ、屋根の葺き替えが必要になった場合も、一番適切な方法を提示させ ていただきます。

リフォーム工事のスタッフを紹介します。

壁紙、床、ふすまなどの張替えを担当している石毛と田中です。 壁紙(クロス)や襖の張替えは、施工者の経験と技術が必要な仕事です。 たとえ高価な材料を使用したとしても、工事を行う者の技術が浅ければ良い仕上がりや長持ちは期待できません。

私たちは壁紙、襖、障子、床の張替えを行うプロの技術者です。この不況の中、経験の浅い者に施工工事をさせている業者が後を絶ちません。ですが、剥がし方や、下地の修理法、材料によって貼り方や工法が違う事を熟知していなければ良い仕上がりにはなりません。

私たちは沢山の施工実績と確かな技術を持って皆様の御自宅のリフォームをさせて頂きます。内装工事のご用命はぜひ私達に賜わります様お願いいたします。

お部屋の模様替えは私達におまかせください。

内装の国家資格等

壁装一級技能士 (石毛、田中、菅谷)

表具一級技能士 (石毛、田中、菅谷)

千葉県知事賞受賞(石毛)

職業能力開発協会長賞受賞(田中)

職業訓練指導員免許 (石毛、田中)

ハウスクリーニングを担当します佐藤です。ご自分では綺麗にするのが難しい場所やこびりついた汚れをプロの使う洗剤や道具そして技術を持って美しく仕上げていきます。お部屋の清掃、浴室、洗面所、キッチン、トイレなどの清掃は私達にお任せ下さい。

退去後のアパートのハウスクリーニングをしています

点検しながら作業を進めます

このお仕事は皆様との信頼関係で成り立つものと考えています。お住まいのお掃除では特に水周りの清掃を依頼されますと見違えるほど美しくなったと驚かれる方が多いですね。ハウスクリーニングはぜひ私達にお任せ下さい。

事務所のメンテナンスをしています (千葉県庁そばの森田氏の事務所です)

カーペット、クッションフロアー、Pタイル、ロンリュウム、コルクタイル、タイルカーペット、長尺シートなどの張替えを担当します菅谷と田中です。これは事務所の床に丈夫な床材を張って、つなぎ目を剥がれない様に溶接しているところです。このように処理しますと床材が剥がれ難くなります。

一番右の写真は溶接が終わり、ソフト巾木を取り付けて工事が終わった状況です。床工事は丁寧に仕事をする私達にお任せ下さい。

塗装工事を担当しています清藤と上代です。  塗装の仕事は皆様の大切な家を守るためのお仕事です。 その為には、洗浄、下塗り、中塗り、上塗りの各工程を丁寧に仕上げていかなくてはたとえ高価な塗料を使用してもその効果を発揮することを期待出来ません。

最近の塗料は10数年前のものとは全く変わってしまい、例え、長年塗装の仕事に携わった者でも、今までの経験だけでは扱いきれないところがあります。私たちは謙虚になって、いつも、挑戦者のつもりで学びつつ、お仕事をさせて頂いています。

又、皆様の中には塗装工事の内容について詳しく知りたい方もいらっしゃることでしょう。 そのことは「塗装工事」のページの中で詳しくご説明させていただきます。 私達は長年の経験と技術を生かして若き人たちを育て上げながらこの仕事を続けて参ります。

信頼の置ける工事を希望される方はぜひ私達に塗装の仕事を任せてみてください。皆様のご期待に誠実にお応えいたします。 よろしくお願いいたします。

清藤です

上代です

大工の佐々木と白坂です。

木を使った造作工事を得意としています。このところウッドデッキの依頼が多く寄せられていて忙しく仕事をしています。棚板一枚の取り付けから床の張替え、屋根の修理、庇(ひさし)やウッドデッキを作ること、外壁の修理など木工事を担当いたします。

雨漏り修理             新築の墨付け        丁張り作業

最近は異常気象のせいでしょうか雨漏りの修理の依頼が急増していますね。 私は長年の新築とリフォーム工事をしてきた経験から雨漏りの箇所を突き止めて直しています。 お困りの時は遠慮なく気軽にご相談ください。  お問合せお待ちしています。

塗り壁(左官)が見直されています。環境問題の高まりと健康に生活したいという私たちの願いが内装材にも表れてきているのだと感じます。一時は私の代で終わってしまうかもしれないと思っていた塗り壁が急速に息を吹き返してきたと思えるようなこの頃です。

珪藻土や純植物素材の塗り物、そして古くからある素質の良い土を壁に塗り暑さ寒さを凌いできた私たちの祖先たち。いま、これらの環境に良い素材を内装に使われる若い人が増えている事は感無量であります。

私たちはこの大切な技術を次の人に引き継いでいただきたいと願いつつこの仕事をしています。

京壁仕上げ       屋根に漆喰を塗ってます

露崎です。基礎工事、門扉、カーポート、駐車場、塗り壁などの工事はお任せください。長年の技術と経験を基に仕事を致します。

ドア、引き戸、障子など木製建具の製作・取り付けを行います田中です。カンナやノミなどの工具を使って、微妙な調整をして使い勝っての良い建具をお納めいたします。

少し前までは、トイレや洗面所の入り口には段差がありましたが、少子高齢化の進む現代ではバリアフリー工事をされる方が多く、それに伴い建具の収め方も段差の無い様に現場で合わせる事が多くなりました。

リビングやトイレ、洗面などその使い勝手に合わせてデザインを考え色を決めて製作いたします。皆様の住いにピッタリの建具を私たちは作り取り付けまで責任を持って施工いたします。

ドア          引き戸            クローゼット

峰村です            平田です

畳の表替え、製作を担当します峰村と平田です。畳のお部屋は心安らぐ室内空間です。 各家庭に一部屋和室があるとホッとする様なスペースを確保した気分になります。日本の良い伝統を大切にしましょう。

畳が日焼けしてきて黄ばんだり擦り切れたりしてきたら床はそのままで畳表だけを取り替えれば済みます。いわゆる畳の表替えです。縁も交換して新しくして和室をリフレッシュしましょう。

畳に座ったときに、又横になった時に衣類に屑やカスが付くようでしたら表替えをお勧めします。 良心的な工事を期待される方は私達にお任せ下さい。

門扉、外構工事を担当します高山です。大切な建物を守るために生垣や門扉を取り付けたり、植栽や造園の仕事、別荘の管理、庭の管理等をさせて頂いています。庭の手入れや草刈も承ります。また、年に十本ほどの井戸掘りも行っています。おいしい水を飲むには深い井戸が必要ですが、庭や日曜菜園の水撒きに使用する水であれば簡単な工事で済みます。

井戸掘りと掘り当てた水          排水管の敷設

私は水道工事士の免許も持ち、長年に亘り水道関係の仕事をしておりましたので、水周りの仕事(トイレ、浴室、洗面、キッチン)も得意としています。水周りのご相談等ありましたら、ぜひお尋ね下さい。

門扉工事をする高山と白鳥です

露崎です

外構や門扉、生垣や庭の手入れなどのご用の時は私達にお尋ね下さい。ご相談承ります。

水道、ガス、浴室、トイレ、洗面所等の設備工事を担当いたします高山と今関です。井戸掘りもできますよ。皆様の生活のライフラインを守る仕事を致します。

今関です。水道、ガスなどの皆様のライフラインを守る仕事を致します。

高山です。水道工事を担当いたします。最近、井戸を掘って貰いたいという問い合わせを多く頂きますが、水道代が高くなったり、異常気象が続いていますので井戸掘りのご要望が増えているのではと思っています。これは、最近、白里海岸で 井戸を掘り当てた時の様子です。

たくさんの仲間と共に仕事が出来て嬉しい毎日です。この不況にも拘わらず、皆様からお仕事を頂戴して皆で力を合わせて工事を完成させていく喜びは何ものにも替え難いものがあります。私は工事の打ち合わせと現場管理を担当し、工事もしています。

襖の張替えやカーテン、ブラインド、ロールスクリーンなどの内装の打ち合わせから、住まいの修理、メンテナンス、リモデルの相談を受けたまわっています。

襖の張替え           大工仕事            壁紙の剥がし

この仕事を始めた時は内装業が主な仕事でしたが、お客様から色々な工事を依頼されるようになり、リフォームのノウハウが蓄積され、スタッフも育って参りました。大工、建具、家具造り、左官、水道工事、塗装工事(ペンキ塗り)、畳屋、板金工事、雨漏りの修理、電気工事、庭園の管理、ハウスクリーニング等にそれぞれ得意なスタッフがおります。

私自身、これらの仕事をする仲間を見ているときに、この人はなんと素晴らしい腕を持っているんだろうと感心する事が良くあります。価値のある仕事をするからこそ多くの方から依頼を受けるのだと感じています。

最近では、リフォームだけではなくて、家を新築したいのだが建ててくれないかと云う声が掛かって嬉しくなります。この夏、大網白里町の白里海岸にてハーフビルドという方法でサーフショップを建築いたしました。詳しくは お客様の声をクリックしてご覧になってください。また、2011年からは、一宮町でハワイ風の家を建築する仕事を展開して行きます。皆様のご声援とご支援をこれからもよろしくお願いいたします。

朝の散歩         草取りをしています    よろしくお願いします

代表が栽培している花です。詳しくは 代表者の休日のページをご覧ください。

茂原市(長生郡)及び千葉市で内装とリフォーム工事を展開している田中室内工芸です。

この度は田中室内工芸のホームページをご覧くださりありがとうございます。

私たちは、茂原市(長生郡)とお隣の千葉市、東金市、 大網白里町とその周辺地域を中心に内装とリフォーム工事を、誠実と信頼をモットーに行っているリフォーム 工事業者です。25年間この地域で皆様に大変お世話になって現在に至っております。

内装(畳・ふすま・障子張替え・塗り壁(左官)・壁紙(クロス)張替え)

仕事をスタートした時は、内装工事を主に行っておりましたが、お客様からの様々な工事の依頼を受けている間に、自然とリフォームに関する工事のノウハウが蓄積されて、水周り、間取の変更、塗装、雨漏りの修理まで引き受けられるスタッフが育ち、住まいのリフォーム工事に関する幅広いご要望に応えられるようになりました。

ハウスクリーニング        床の張替え              店舗工事

少しずつ、着実に成長して参りましたので、私たち一人ひとりのスタッフは確かな技術と経験を持って工事に当たる事ができます。人のすることでありますので100パーセントとは云えませんが、依頼された工事は誠意を込めて行ってまいりました。

その姿勢が評価されて、この大変厳しい景気の現状におきましても、仕事が途切れることなく続けられる事をスタッフ一同感謝いたしております。そして、お客様の裾野が更に広がっています。これからもよろしくお願いいたします。

キッチン            簡易水洗トイレ            シャワートイレ

ユニットバス               浴槽の交換         シャワールーム

ウッドデキ

住まいの塗り替え              雨樋の修理                     雨漏りの修理

エクステリア(フェンス・門扉・カーポート)

住まいのリフォームに関するご相談を無料にて承っております。代表自ら現場に立って指揮したり仕事をしていますので、お問合せのフォームよりメールをお送りくださると大変有り難いです。 工事の費用、期間などお気軽にお問合せください。またホットライン(090-1469-9357)にご質問頂けますと代表が丁寧にお応えいたします。 TEL/FAXでのお問い合わせは0475-25-8300までお願いいたします。

私たちの所には営業マンは1人も居りません。ですから、お客様のところでしつこい営業をする事は御座いませんので安心して打ち合わせをしていただけます。 また、技術スタッフに納得がいくまでご質問、ご相談いただけます。 お問合せをお待ちしています。

業務内容は内装とリフォーム工事を主にしています。

                      業務内容 

        私たちは主に次のような仕事(リフォーム工事)をさせて頂いております。この項目に無い事でも住いに関するご相談を承ります。遠慮なくお問い合わせください。 

壁紙(クロス)の張替え   クッションフロアー  カーペット  Pタイル

カーテン   カーテンレール ブラインド  ロールスクリーン

襖・障子・網戸の張替え   イナックス  TOTOのタイル施工工事

塗り壁(京壁 珪藻土 ジョリパット 土壁 植物素材の壁 漆喰) 

水周り(トイレ、洗面所、キッチン、浴室のリフォーム工事、井戸掘り) 

手摺の取り付け  間取の変更工事  庇(ひさし) 引き戸 ドア  家具の製作

屋根、壁の塗装工事 ペンキ塗り  雨樋の修理  雨漏りの修理

エクステリア(サンルーム カーポート  テラス ウッドデッキ)

駐車場  車庫 アプローチ工事  石貼り  垣根 門扉  庭の管理

草刈り(狭い場所も広いところも可能です)  植木の剪定と管理 

      その他 リフォーム工事に関するご相談を受けたまわります。    

○メールでのご連絡は、お問合せのフォームからお願いいたします。

○TEL/FAXの方は0475-25-8300へお願いします。

○お急ぎの方はホットライン090-1469-9357へお願いいたします。

トイレをリフォームしましょう。

トイレは家の中の小さなお部屋ですが、一番使われていて衛生的な環境が求められる場所です。和式を洋式のトイレにリフォームしたい、ウオッシュレットを付けたい、天井、壁、床も一緒にトイレ全体をリフォームしたい等のご相談受けたまわります。

TOTO イナックス  ジャニス アサヒ衛陶などの一流メーカーの便器を熟練したスタッフが設置工事を行い、バリアフリー工事(段差の解消)も同時に行う事もできます。私たちは老人ホーム、病院、介護施設、ホテル等の施工も行っていますので、仕事の品質にはこだわりを持っています。   トイレのリフォームはおまかせ下さい。

色々な種類の洋便器

イナックスの便器

学校のトイレをリフォームしました

トイレの段差の解消を一緒に行うと使い勝手が良くなります。

腰壁はヒノキ、腰上はクロス仕上げです

代表の休日の過ごし方を紹介しています。

代表の田中が休日に畑で野菜を栽培し、花を育てています。仕事で疲れたときに、ちょっと畑に寄って、野菜が育っている姿に、また、美しい花が咲いていて心を和ませてくれるひと時を頂いています。

池の横にある道を通って美しい景色を眺めながら歩いて行くと、いつの間にか仕事の事はすっかり忘れてしまい、「今日はどのような花が咲いているのかな、地中から何か芽を出していないかな」という思いに捉われます。国道沿いの大きなショッピングセンターから少し離れると、こんなに静かな落ち着いた場所があって嬉しくなります。いつも車で通り過ぎていると、身近にある大切なものを見落としてしまいがちですね。

美しい花が咲いているのを見て思わず車を止めて花見を始めた方がいました。代表の私が草取りをしています。

今年は、春先の遅霜や酷暑の影響で作物の生育は良いとは言えません。ですが、そんなに手を掛けている訳ではありませんが、成長していくこれらの姿を見ていると、力を与えられているような感じを受けます。 11月を迎えた今は、急激に温度が下がって冬に突入して行くという感じがですが、皆様お住まいの地域はどんな様子でしょうか。

ストレスが多く何かと忙しく、不安な時代を生きなければならない私たちですが、毎週定期的に休みを取り、体と心を休ませましょう。畑仕事をしていると体は適度に疲れて、心は軽くなります。仕事から離れて皆様の心も安らぐようなページにしていきたいと思っています。

このページに登場する花や野菜は、私自身が千葉県を中心に色々な所に仕事でお伺いした折に、お客様からの好意で頂いたものですが、植えたところ増えて花や野菜が一杯になり、近くの畑を借りて栽培するようになったのですが、思えば、千葉県は恵まれたところであります。

もちろんここでは農薬は一切使いませんし、除草剤も使いません。草が生えてくるときには草との格闘で、額に汗して行うこの大変な作業が怠けようとする人間を安全な環境に置いてくれることに気が付きました。更に、花や野菜の成長を見守っていると、育てている人が大切な事を自然の教訓から教わっている事にも気がつきます。

冨里町に成田生産組合という自然栽培で農業をされているグループがあります。この中の指導的役割を担っている高橋博さんという方がおられますが、実際にお会いして話を聞く機会がありました。彼の栽培法は現在主流の有機栽培とは全く異なり、土を造り、種を育てるのですが、 その方法は不思議な事に教育や仕事、また会社の経営にも応用でき、人の正しい生き方にも通じる道でありました。

また、木村秋則という方も、自然栽培ではとても有名な方です。奇跡のりんごというあまりにも有名な彼の著書は、読む方に感動を与え、人の生き方を教えてくれています。是非読んでいただきたい本です。

その栽培法が完成するまでには、畑の場合で約10年掛かるということですので、簡単にはたどり着けませんが、現代人が忘れてしまった大切なものを教わる事が出来ました。現在の日本では、有機栽培の野菜がが一番良いと思っている方がほとんどだと思います。私自身もつい最近までそう思っていましたが、実は、有機栽培を行っている農家(日本以外でも)がその栽培法に行き詰ってきている方が多くおられるというのです。自然栽培のお話を伺ってからは、この方法が一番良い栽培法ではないかと思っています。興味のある方はぜひ成田生産組合のホームページも参考になさってください。 お隣の韓国からも自然栽培法を学びに来ていて、韓国ではかなり自然栽培が盛んなようです。

この畑で栽培しているものは、花ではヤマユリ、古代ハス(大賀ハス)、日本桜草、アメジストセージなど。野菜は赤芽芋、里芋、小糸在来(大豆)、独活、なめこ、加賀丸芋、サツマイモ、ジャガイモ(男爵)、にんじん、トウモロコシ、トマト、スイカなどです。野菜は種も採取しています。

ほとんどの方は種を毎年買い求めるのですが、種を採取すれば種の代金は掛かりませんし、その土地にあった野菜ができ、病気にも強いものとなっていきます。皆さんご一緒に元気な野菜を作りましょう。 そして、元気な体も作りましょうね。ぜひこのページを楽しんでください。よろしくお願いいたします。

古代ハス  大賀ハスとも呼ばれていて、大賀一郎博士がこのハスの種を発見して2000年前の眠りから覚めさせたのです。その美しい花は見る人の心を捉えます。これほど美しい花は私も初めて見ました。古代ハスを管理・栽培している方からほんの少しレンコンを分けて頂いたのですが、今はこのように美しく咲くようになりました。夏が来るのが待ち遠しいです。

お隣の畑で一緒に家庭菜園をされている矢口さんがこの花を見て、感動されて栽培してみたいと云って来られましたので、寒い時期に蓮根をお分けいたしました。交換した古い浴槽 を利用して蓮根を植えたところ、無事に根付いて花が咲いたと言っておられましたが、それを聞いて嬉しくなりました。

ハスを種で増やしていくとDNAがしっかり伝わらないという問題があるそうです。純粋な大賀ハスを残していくには、蓮根で増やします。そうするとクローンハスとして遺伝子が正確に伝えられるのだそうです。私の畑の数百メートル先にも蓮田がありますので、交雑しないようにするためにも蓮根だけで増やしてきました。

8年くらい栽培していますが、頂いた時と変わらない美しい大賀ハスが咲きます。純粋な古代ハスを栽培していくには種を取らないで、レンコンだけで増やしていくのだと教わりました。 いまでは、たった一粒の種から育った大賀ハスが全国で見られますし、個人でも栽培されている方は、結構いらっしゃるようですが、大賀ハスの純粋種かどうか疑わしいものがたくさん増えているという話を良く耳にします。純粋種を残していくには、それなりの苦労と覚悟が要るようです。

大賀ハスを初めて千葉公園で見たときは、そのあまりの美しさに感動いたしましたが、そのハスを自分で育てる事になろうとは夢にも思っていませんでした。純粋な大賀ハスを守っている方から、思わぬご縁で蓮根をほんの少し分けて頂いたのですが、大切なこの贈り物を育てられる喜びを頂いています。

一宮町駅の近くに住んでいらっしゃる方の所に仕事で伺ったときに、その方のお庭を見てびっくりしました。たくさんの美しい花が所狭しと咲き乱れているではありませんか。近所でもいろいろな花を咲かせる事で評判の方でありました。

この方は長生村の小学校の前に畑を借りて野菜や花をたくさん栽培しているので、ご存知の方も多くいらっしゃる事と思います。この方にアメジストセージをいただき、挿し木をして畑の端に植えました。

この道は、ウオーキングをしたり、犬の散歩をしたりと朝夕にはたくさんの方が通ります。秋には多くの方の目を楽しませてくれるので、今年も咲かせてみようと思います。苗を欲しいと言って来ている方がおられますので、春にお分けできるように予定しています。

自分が咲かせた花が他の人を喜ばせるというのはちょっと嬉しくなりますね。 私自身もこの花は沢山増やす事が出来ました。

百合の種類は沢山ありますが、ヤマユリが一番美しいと云われる方が多いです。百合の王様と呼ばれていますが、ピッタリの表現だと思います。 しかし、栽培は難しいものがあります。

人工的に栽培するとなぜか病気になりやすいので、自然の中で生えている山百合を掘って自宅の庭などに植えてみても、よほど生育環境を整えられない限り消滅してしまいます。この繰り返しで里山から急速にその姿を消しているのです。私は栽培する環境を自然に生えている状態に近づけるように工夫して栽培しています。 畑の山側で半日陰のところを中心にして育てています。

更に今年は、植木鉢を10鉢ほど用意して 植木鉢での栽培に挑戦してみました。この猛暑で鉢の栽培は無理だったかなと思っていたところ、このように鉢の栽培のほうが良いと思えるような結果を出す事ができました。花が散ってからも葉っぱは元気が良いので安心しています。来年も鉢での栽培も続けようと思います。

11月から1月にかけての寒い時期に大きな球根を掘り起こしてみると、親の球根の上にたくさんの木子(小さな球根)が付いています。これを分けて植えてあげると、早く沢山のヤマユリを増やす事ができます。

種を蒔いて育てるには、5,6年掛かりまので、忍耐と待ち望む心が必要ですが、育てる人がヤマユリに心を育てられるという喜びがあります。

ヤマユリの栽培法が本やホームページで紹介されていますが、ヤマユリはウイルスを持っているという理由でどの方法も病気予防のために農薬を使用することが必要と記されています。自分自身も何度かヤマユリを病気にしてしまった事がありましたが、生育環境を整えることによって病気にならないように管理し、農薬は使用しません。

私自身、まだヤマユリの栽培法を100パーセント理解したわけではありませんが、生育に適した環境を作ってあげる事によって、病気にならずにきれいな花を咲かせてくれるのだと思います。

この辺りでは、木更津から来る有料道路の工事があちこちで行われていて、道端に咲いていた山百合が道路の拡幅工事で一気に姿を消そうとしている光景に出会い胸が痛みます。自然の中では見られなくなる日も近いと心配されています。一宮町の花が山百合に指定されていますが、この町では、一度だけしか見たことがありません。 この町からはほとんど姿を消してしまったのでしょうか。あるいは、山の中にひっそりと咲いているのでしょうか。

神奈川県の中島尚武さんは、ササユリの栽培法を研究されている方ですが、その課程でヤマユリの栽培も行って、ヤマユリ栽培の良い方法を思いつかれた方だと思います。 彼のヤマユリとササユリに対する観察と研究には素晴らしいものがあります。私は、この方の山百合の栽培方法を参考にしています。一般の山百合の栽培方法とは全く異なっています。この記事は 「ユリの栽培法」で検索すると見ることができます。

掘り上げた球根の回りに付いていた木子です。3月の中旬の様子です。既に芽が出ていました。1月までの寒い時期に掘り上げて植えてあげると良いと思います。

2010年3月22日のヤマユリの様子をご紹介します。これは、自宅の庭で栽培しているヤマユリが芽を出したところです。最初の数年間は上手く育たない事もありました。良く観察していて気がついたのですが、ヤマユリの生育環境を整えてあげると、病気にならずにきれいに咲いてくれるのだと分かってきました。

3月22日                              3月22日                4月19日

ヤマユリの球根は、庭の物置の下に植えてあります。その理由は、この方が土の水分が少なめで、直射日光が球根のある地面に直接当たらないので生育環境が自然の状態に近いからです。この場所に植えたヤマユリは私の庭では毎年良く育ちます。

ヤマユリを自然の中で見たことのある方は、その場所が崖の上や斜面 などの高いところに多く見られ、その周りには草が生えていて根本を覆っていた事を覚えておられる事でしょう。高いところに生えていれば水はけは良いですし、草が生えていれば、球根のある地面は直射日光が当たらず、地温は上がりません。そして、肥料はほとんどない場所に生えています。僅かに枯葉が地表を覆っている以外には。 家庭で山百合を栽培しようと思われている方は、この生育環境を理解されると必ず良い結果がでるものと考えます。

長柄町へ仕事に行ったときのことです。お客様が里芋の種を植えて見ませんかと言って種芋を下さいました。この方は毎年、種芋を採取して育てていらっしゃる方で、里芋と赤芽芋(アカメイモ)の種を分けてくださいました。

12月に全部掘り出したところ、里芋は一列で20個しか植えませんでしたが、大量の収穫があり、いくらかおすそ分けしたのですが、3月末まで 持ちそうです。。

私はこの時まで赤芽芋はセレベスと同じ物であると勘違いをしていました。お客様から赤芽芋の種を頂く時に、「赤芽芋ってセレベスの事ですよね。」と言ったところ、「セレベスと赤芽芋は別の芋ですよ。」と言われて、この時初めて赤芽芋は在来の芋であることを知りました。

現在は種屋さんでもセレベスを赤芽芋といって販売しているところが多いので感違いをされている方が多いと思います。 12月に全て掘り出しましたが、赤芽芋は全て種にしようと思い、貯蔵しました。 貴重な赤芽芋は全部種芋にしようと考えています。 種芋が痛まないで春に掘り出せると嬉しいです。

近年は、わが国古来の赤芽里芋は極わずかしかなく、ほとんど見られなくなっているとのこと。外来種のセレベスに変わっているようです。赤芽里芋は芽の部分のみが赤くて、セレベスは芽の部分幾重かに重なっている皮の生え際の部分も赤くなっているそうです。

加賀丸いもというとろろにして食べる芋を栽培しています。とろろが好きな私ですが、自然薯を見つけるのが上手ではありませんので、この芋を栽培することにしたのです。とても栄養があり、滋養強壮には最適な食べ物です。消化も良くまさに健康食そのものですね。

栽培は種芋をとっておいて、5月頃に小さく分割して浅く埋めておくと蔓が延びてきます。その蔓を竹の垣根に絡ませて伸ばします。蔓の勢いがあるものほど良い芋に成長します。

丸いもには他に丹波丸芋と伊勢芋があります。丹波丸芋も毎年育ちますが伊勢芋は栽培がとても難しいです。この芋は同じように栽培しても成長しないのです。

去年の11月に3個ほどやや成長した伊勢芋を掘り出しました。今年はこの芋を種芋にして植えてみようと思います。伊勢芋は、丸いもの最高級の品種とのことで、栽培も三重県の産地を出ると育たないと云われています。なぜだか分かりませんが、栽培に成功している方はごく僅かなようです。もし、栽培されている方がおられましたら、ぜひご教示下さる様お願いいたします。

10月からサツマイモの収穫が始まりました。今年は寿という種類と、名前が分からないのですが皮が白い色をしているサツマイモの2種類の苗を植えました。寿は美味しいうえに比較的長く保存できるということで育ててみました。

寿のいも蔓           白い皮のいも蔓

白い皮のサツマイモは蒸かして食べて見ましたが、我が家の子供たちには好評でした。私自身美味しいほうだと思いました。来年のために種芋を保存しようと思っています。農家の人に聞いて、去年は畑の深いところに貯蔵しましたが、全て腐ってしまいました。

掘った芋(寿)         皮の白い芋

洗うときれいになります

お客様の中で、紫のサツマイモを春まで保存しながら料理に使われてる方がおられます。その方法はサツマイモを一本ずつ新聞紙に包んで浅い木の箱に入れ、2階の暖かい部屋に置いておくと云う実に簡単なことですが、この方法で80パーセント以上は春まで傷まないとのことです。桜の咲いている時にこの方から冬を越した沢山の芋を頂いたのです。

サツマイモの苗は、春になると沢山出回りますが、自分で種芋から苗を作り出すのも楽しいものですし、野菜を育てているという実感が湧いて来ます。

南部小麦という種類の麦が岩手県を中心に栽培されているそうです。種を秋も深まった頃蒔いたところ良く発芽いたしました。私は食するためではなく、土を良くするため、土壌改良の目的で栽培したのです。

今の私たちは、野菜を栽培するとなると、直に肥料だ、石灰だ、種を買うのだと云う話になりがちですが、大豆や麦を栽培すると土の状態が良くなることは、これらの作物を栽培しておられる方がその体験から自然と学んでいる事を良く耳にします。

また、麦わらがスイカ、メロンや地這いのきゅうりの敷き藁に使えてとても役に立っています。藁を敷いたところには草が生長しにくくなり、土の乾燥を防ぐ役目も致します。毎年冬を中心に栽培していきます。

東金市の東金駅のそばに八鶴湖という池がありますが、その周囲には桜の木がたくさん植えられていて、毎年4月上旬頃に満開になります。この6日に寄ってみましたところ、ちょうど見ごろを迎えていて、多くの人が美しい景色と満開の桜を眺めて池の周りを楽しそうに散策している様子を見ることが出来ました。

八鶴湖の周りには大正か明治時代のものかと思われる風情のある建物がいくつも見られます。また、江戸幕府を開いた徳川家康がこの池の前に屋敷を構えて鷹狩りをしたのですが、御成街道の終点がこの場所になります。いまは、その跡地に東金高校が建っています。その前を歩いていたら美しい琴の音が聞こえて参りました。どうやら生徒さんたちが琴を弾いていたようです。この学校は以前から日本で一番美しい高校になる事を目指していますが、この日は桜の中に浮いているような感じの校舎に見えました。

八鶴湖は数年前と比べると、水がとても綺麗になったと感じました。以前は濃い緑色をしていましたが、今回は透明な感じの水という印象を受けました。桜の季節だけではなくても訪れてみると心の落ち着く場所であるといつも思います。まだ子供が幼い頃にここへ遊びに連れてきましたが、公園や池、また展望台までの散策もできて子育てには良い環境であると思っていました。また、その子がこの高校でお世話になった事をとても感謝しています。素晴らしい先生方と仲間達に囲まれて大きく成長する事ができました。長生郡や山武郡に行ってもこの高校の評判はとても良いです。入学した時もこの日のように桜の花が満開でありました。

長生郡及び千葉市の住まいの塗替えは私達におまかせください。

塗装のページをご覧いただきありがとう御座います。

住まいの塗替えをお考えの皆様に、私たちが日々行っている仕事を紹介しながら、住いの塗替えを成功させるために必要な知識を持っていただけますように。一人でも多くのお客様のお役に立ちますように。そして、手抜きをしない、良い塗装業者に出会えますようにこのページを開設いたしました。

そろそろ、住まいの塗替えをしようかなとお考えの皆様の参考になれば幸いに思います。

住いの塗替えをお考えの皆様の中にはどこに依頼したら適正な価格で良い仕事をしてくれるのかと思案されている方もいらっしゃる事と思います。大切な事は現場で仕事をするスタッフのひとり一人が職人としての誇りと自覚を持って工事に当たる事が必要だという事です。

私たちのところでは、スタッフ一同、日々技能の向上と日進月歩で進化する塗料についての学びを致しております。最近の材料は今までの経験だけではたとえプロといえども扱いきれないところがあります。私たちは謙虚になって、いつも挑戦者の気持ちで仕事に向き合っています。

足場をどのように立てたら良いかを皆で考え最善の策を講じます。

良い仕事をするのに妥協は一切ありません。

塗料製造会社の施工指示どうりに材料を調合するスタッフです。

これを守らないと塗料の性能は発揮されませんし、長持ちは

期待できません。

住いの塗替えの営業エリアは次の地域です

茂原市 千葉市(緑区 若葉区 中央区 美浜区 稲毛区 花見川区) 東金市 大網白里町

一宮町 長柄町 睦沢町 長生村 長南町 白子町 大網白里町 山武市 大多喜町 市原市

佐倉市 成田市 冨里町 横芝光町 多古町 酒々井町 印西市 栄町  本埜村

印旛村 芝山町 九十九里町 八街市 いすみ市 御宿町  木更津市  勝浦市

鴨川市 君津市 袖ヶ浦市

上記以外の地域の方はご相談下さい

大切な住まいの塗替えを成功させるためには、塗装工事の内容を納得いくまで説明してもらって、ご自分で塗装業者を選んでいただければ良いと思います。

家の築年数、前回の塗装から何年経過しているか、塗料の種類は何を使用するのかによって塗装工事代が決まります。シリコン、ウレタン、遮熱塗料など、各種塗料があります。

塗装工事は塗ってしまえば見た目は全く同じに見えるということがあります。これは、塗装工事に於ける最大の欠点ではないかと思います。洗浄、シーラー(下塗り)、中塗り、上塗りを丁寧に行わないと、その塗料の効果は発揮しませんし、長持ちは期待できません。これはひとえに施工業者の良心に掛かっている事なのです。

新しい塗料が次々と発売される今日では、塗料をどのような基準で選んだら良いのかという問題にも直面いたします。 わたしの知り合いの塗装業者が発売されたばかりの、いわゆる性能の良い高価な塗料を外壁に塗ったところ、塗装工事終了後、間もなく剥がれて来てしまったと言う問題が起きてしまいました。

塗料製造会社の担当者に来てもらって、対応策を相談したり、お客様に謝ったりと大変な事になってしまいました。結局、塗料製造会社自身にも対応策は全く無く、もう一度足場を組んで別の会社の違う材料で塗り変えることになりました。発売されて10年くらい経過していて結果が出ている材料を選んだほうが無難ではあります。従来の性能を遥かに超えた耐久性の良い塗料が新しく発売になりましたと謳って、高価な材料を勧める業者もいるようですが、その結果は年月の経過を経て初めて立証される事なのです。

    

塗装工事の作業の詳しい説明をさせて頂きます。 建物の状況を判断して仕事の工程と材料は決めさせて頂いておりますが、私のところでは下記の様に行います。

水高圧洗浄

屋根は回転ノズルにて水が円を描いて高圧で汚れを落とします。壁に回転ノズルを使うと壁を傷めるので壁とその他は平吹きノズルにて水圧で洗浄します。

屋根塗装  屋根塗装は冬は塗り作業の時間が短いので(10時~15時頃迄)残った時間は他の作業に就く。  刷毛、ローラーで塗る。    棟板金の釘が浮いて来るので増し打ちと打ち直しをします。下塗りにRMプライマー(弱溶剤2液型)を塗布します。  充分な養生時間を取り、パワーシリコンマイルドⅡを塗ります。  もう一度養生時間を取り、再度パワーシリコンマイルドⅡを塗ります。

足場工事

足場の組み立て等作業主任者の資格を持つものが中心になり、足場を組み立てます。必要な箇所にはネットを張ります。

壁の塗装

最初にコーキングの劣化した箇所にプライマーを塗り、乾いたら変成シリコンを込んでいきます。外壁の傷んだところも補修または修理をします。 次に水性カチオン系のシーラーを塗布していきます。 この作業をすることで塗料の密着が良くなります。 そしてシリコン塗料を塗っていきます。  壁に回転ノズルを使うと壁を傷めるので壁とその他は平吹きノズルにて洗浄します。 やはり養生時間を取って丁寧に2回塗ります。  更に長持ちを期待される方にはフッ素塗料などをお勧めいたします。

軒天井

軒天はパテ補修をし日本ペイントのケンエースGⅡ、またはビルデックを刷毛とローラーで2回塗りをします。

破風板

ナイロンタワシや皮スキにて劣化した塗料やごみを取り除きます。 下塗りをした後、乾燥後にパテ処理をします。 乾燥させてから、1液ファインシリコンUVを2回塗ります。

養生

養生は窓、屋根、地面にも必要に応じてビニールやブルーシートをひきます。

雨戸、戸袋

雨戸、戸袋は養生をしてカップガンにて吹き付けます。 メタルトップを長く使用していますが良いと思います。

雨樋

雨樋は下塗り(ミッチャクロン)を塗り、上塗りをします。 一液ファインシリコンセラUVを使用します。

以上、簡単ではありますが、実際に私が手がけた塗装工事の手順について説明させていただきました。この工程が全ての現場に当てはまる訳ではありませんが、大切な住まいを長持ちさせる為にも、皆様が良心的な業者さんに出会い、良い工事をされることを願っています。

資格    足場の組み立て等作業主任者

建築塗装1級技能士

塗装工事のお見積もりを無料でさせて頂いています。遠慮なくお問い合わせ下さい。

○メールの方はお問合せのフォームから送信してください .

○電話/FAXの方は0475-25-8300へ

○お急ぎの方はホットライン090-1469-9357までお願いします。

塗装工事をする時に外壁の下地処理の中で、目地処理と言う大切な工程があります。

○目地処理は、塗装工事の仕上がりを美しく見せるだけでなく、外壁からの雨漏りを防いでくれる役目もあります。外壁を水洗いして、乾かしてから行う工程となりますが、サイディング(外壁)の繋ぎ目、窓やドアのサッシ周り等念入りに点検します。

○外壁の塗り替えをする時には、外壁の繋ぎ目や窓、ドアのサッシ周りに打ってあるコーキングが傷んでいる場合は除去して打ち直しをし、少し痩せている場合は増し打ちをして修理します。ここで使用するコーキングは変成シリコンという塗料がくっつくものです。

○塗装工事にお伺いしますと、ご自分で外壁のひび割れや目地の痩せた箇所を油性シリコンで処理されている場面に良く出会いますが、これでは塗料が付きませんし、塗装を施しても剥がれる原因になってしまいます。

○横張のサイディングが張られている場合は、縦方向に目地処理がしてありますので、このラインを全て点検します。横の繋ぎは30センチ間隔くらいにあり、サイディング同士が差し込みになっていますので、隙間があっても雨漏りの心配はありませんが、塗装するとこの隙間が黒い線のように見えて、見栄えが悪い事があります。なので、ここも一緒に目地処理をしておくと更に塗装が美しく仕上がります。

実際の目地処理の工程をご覧下さい。

変成シリコンを打ちます(注入します)

横のラインに隙間がある箇所はコーキングします   窓周りもしっかり込みます

隙間が無い様にしっかりと目地処理をします。注意したい事は、外壁から進入した水が出て行く箇所はコーキングをしません。塞いでしまうと雨漏りの原因になります。目地処理をしっかり施して塗り替えがきれいに仕上がるようにいたします。

一番良いのは工事をされた知り合いから直接業者のお話を聞くことです。不当な追加料金を請求されたり、職人の態度はどんなだったかを聞いたりすることができます。

見積もりの内容と塗装工事に関して充分な説明がなされているでしょうか。

塗装工事の工程や手順について充分な説明ができていますか。

塗料製造メーカーの施工マニュアルどうりに材料を使っていますか。最近の材料は長年の経験だけでは、たとえ塗装のプロと云えども扱いきれない材料がたくさんあります。この施工指示を守らないと長持ちや塗料の性能を発揮できません。

ご近所に対する配慮はなされていますか。飛散防止ネットを張って塗装工事中の汚れが近隣に飛散しないように、また、スタッフは近隣の方にご挨拶ができますか。

塗装工事をご検討中の皆様に、少しでもお役に立てればと思い、私たちの仕事の内容を紹介させていただきたいと思います。 工事をする順にご説明させて頂きます。

最初に足場を組立てます。 塗りやすい位置に立つことが出来て、安全であることが求められます。狭い場所にどの位置に足場を立てるかを話し合うスタッフです。良い仕事をするのに一切の妥協はありません。

足場を組み終わりましたら、近隣のお宅に汚れや塗料が飛散しないようにシートを掛けます

メッシュのシートを掛けたら洗浄を行います。 苔や汚れをきれいに落とします。

屋根、壁に下地を強化し、塗料の密着を良くするために、シーラーと呼ばれる下塗り材を塗っていきます。乾くとカラーベスト(屋根材)が硬く丈夫になります。

塗る前の状態           塗った後の状態

使用する材料を準備します。塗料製造会社の指示どうりに調合します。

これを守らないと塗料の性能は発揮しませんし、長持ちも期待できません。

中塗りを始めます。仕上げの材料の1回目の塗装です。

続いて上塗りを掛けます。仕上げの材料の2回目の塗装です。

乾くとこのようにきれいになります。

外壁も同じく仕上げていきます。 仕上がった屋根や建物をご覧下さい。

美しく仕上がり、長持ちする事が期待され、その事に充分お応え出来ます。

仕上がり間近の壁     仕上がった建物

中塗りをしています    仕上がった

塗装工事はぜひ私達にお任せください。きれいに、美しく仕上げるには洗浄、下塗り、中塗り、上塗りの各工程を丁寧に繰り返して行わなければ、たとえ高級な塗料を使用しても塗料の性能を発揮できませんし、長持ちする事は期待できません。

そして、それは、実際に現場で仕事をするスタッフの良心に頼るしかない事なのです。私たちは経験と技術に加えて、いつも挑戦者であり、皆様の大切な家を守るのだという気持ちで仕事をさせていただいております。どうぞよろしくお願いいたします。

ここ数年前から塗装工事で屋根に遮熱塗料を希望される方が多くなっています。比較的新しい塗料ですから、住いの塗替えを検討されていらっしゃる方の中には、前回の塗装工事の時にはまだ無くて、初めて耳にする塗料かもしれません。東京都では、塗装工事に於いてこの遮熱塗料を屋根に使うと補助金が交付されているそうです。屋根にこの塗料を使用されたお客様は、夏の室内温度が4,5度低く感じると仰る方が多いです。

そして、夏だけではなく、冬は外の寒さを防いでくれるので、冷暖房費が低く抑えられる効果があります。ここでは屋根塗料のトップメーカーであります水谷ペイント株式会社の遮熱塗料ナノシリコンを施工する工程をご覧ください。

先ず初めに屋根を高圧洗浄機で洗浄をし、汚れを取り除きます。

次にシーラーを塗っていきます。この事によってカラーベストが固められて、丈夫になり、塗料の   付きが良くなります。なので、この工程を省く事は出来ません

シーラーが乾いたら、ナノシリコン塗料を塗っていきます。

2回繰り返し塗ります。

ナノシリコンを塗った仕上がりは次のようになりました。

塗った直後          乾いた状態

地球温暖化が確実に進む今日、私達に出来ることは微々たる事かもしれませんが、屋根に遮熱塗料を塗るだけで、地球温暖化を少しでも防げれば嬉しい事ですね。

そして、費用は沢山掛かりませんし、住んでいる自治体によっては、補助金を活用して逆に塗装工事代が安くなる場合もありますので、ぜひ、調べてみてください。また、最近、外壁用の遮熱塗料が発売になりました。屋根・壁共この遮熱塗料を施工して、夏は涼しく、冬は暖かく快適な室内空間を確保して頂きたいと思います。

まず建物に合わせて塗装工事が上手く出来るように足場の組み立てを行います。塗りやすく安全である事が優先されます。続けて建物にネットを架けていきます。 近隣の建物に塗料や水洗いの汚れの飛散を防ぎます

塗装工事前の水洗いを終えた時の屋根の状況は次のような状況でした。塗幕の経年劣化が見られます。今回で三度目の塗装に成ると言う事でした。念のため三階の納戸の天井を開けてカラーベストが張られている下地を点検致しましたが、まだ傷みも無くしっかりしていました。

塗料との密着を良くする為にシーラーを塗っていきます。グレーに見えるのがシーラーです。乾いたらカラーベスト用の塗料を塗っていきます。 塗料は2度塗りをします。

2度塗りをしますと綺麗な光沢のある美しい色になって参ります。屋根の塗装工事が終わって仕上がった状態は次の様になりました。

屋根のカラーベストの状況は問題がありませんでしたが、破風板に腐食のある箇所が見つかりましたのでその箇所を修理することになりました。修理前と修理後の状況をご覧ください。

修理前            修理後

これで破風板の塗装工事も進められますね。屋根の塗装が終わりましたら軒天塗装、壁塗装に 移ります。次はその状況をご覧ください。

塗装工事は上から下へと進めていきます。壁が綺麗に仕上がって参ります。

塗装工事が終わったら足場の解体をします。きれいに塗り上げましたたので丁寧に解体します。最後に芥を片します。

お施主様も一緒に 家の周りをきれいに方付けて下さいました。どこから見ても建物がきれいになった事が分かります。

これからも、若葉区で塗装工事をさせて頂きます。よろしくお願いいたします。

塗装工事をご検討されている方は遠慮なくお問い合わせください。お施主様の建物に一番合っている塗料を基に無料にて見積もらせて頂きます。ただいま、無料にてお見積書の作成をさせていただいております。

○TEL/FAXの方は0475-25-8300へ

○メールの方は、お問合せのフォームから送信してください。

○お急ぎの方はホットライン090-1469-9357へお願いいたします。

見積もりの依頼をして頂きます。メール、FAX/TELにてお申し込みください。

お客様が在宅の時にお伺いし、一緒に見させていただき、不明な点はご質問を頂きます。

3日から1週間で見積書を作成しお届けいたします。お施主様の建物に一番合っている塗料を提示し、工事の方法を提案させていただきます。

工事の依頼を受けましたら、色を決めたり、ご都合の良い日程を打合わせいたします。

工事を始める数日前に、ご近所の方に工事をするに当たってのご挨拶をいたします。

工事に着手し、概ね10日間で作業が終わります。

足場を解体し、家の周りを綺麗に掃除して完了となります。

お客様とのお約束

営業・勧誘は一切致しません。安心して打合わせができます

○メールでのお問合せの方は、お問合せのフォームからお送り下さい

○TEL/FAX の方は0475-25-8300へお願いいたします。

○留守の場合でお急ぎの方はホットライン 090-1469-9357へお願いいたします。

塗装工事の際には、塗料が塗る必要のないところに付着して汚れないようにビニールをテープを使って窓、ドア、照明器具、床などを保護してあげなくてはなりませんが、このことを養生と云います。また、近所のお宅に塗料が飛散しないように建物全体を目の細かい網のようなシートで覆ってから塗装を始めます。

今日行われている塗装のやり方は、ローラーを使用して塗料を塗る方法がほとんどですので、細かい塗料が飛散しやすいのです。ご近所の迷惑にならないように注意して工事を進めます。

窓を養生しています

  

地面には厚手の布シートを敷いて犬走りや庭を汚さないように配慮いたします。良い仕事をするには相手に対する思いやりと細かい心配りが欠かせません。私たちは常にこのことを忘れないで感謝の気持ちをもってお仕事をさせて頂いています。

階段や通路の支えの柱には鉄骨が使われていますが、その多くは酸化鉄と呼ばれている物で、こまめに塗装を行わないとすぐに錆が出てきます。屋根や外壁に張られているトタンも、錆が出始めるとすぐに傷んできます。

これは、集合住宅の二階の通路を支えている鉄骨の柱が錆びてきて腐食してしまったために交換することになり、応急処置として太い材木で支えているところです。鉄骨屋さんに新しい柱と入れ替えをしてもらい、錆止めを塗布した様子です。

鉄骨やトタンを塗り替えるには錆止めを塗布する必要があります。赤い色で塗られているのが錆止めを施されている物です。いまでは、赤い色だけでなく白い色をした錆止め材もあります。錆止めを塗布してからから塗料を塗っていきます。

階段を塗るときにも洗浄をしておいて、乾いたら錆をペーパーなどで擦り取ってから塗るときれいに仕上がります。

トタン屋根を塗る場合も同じことですが、洗浄をしてから錆を落とします。そして錆止めを塗布してからトタン用の塗料を塗ります。この工程を丁寧に行うことによって長持ちすることが期待できるのです。

鉄骨の柱やトタンなどの鉄部は錆びる前に塗り替えを行ったほうが屋根や柱も長持ちいたします。錆が発生しますと腐食して穴が開いてしまい強度も弱くなってしまいます。鉄部は早めの塗り替えが大切です。

塗料の種類は幾つかありますが、値段に大きな開きはありませんので長持ちのする塗料を塗られたら良いと思います。

リンク集

新小田整体院

千葉県長生郡一宮町にある慢性症状(痛み・しびれ・こり・だるさ)専門の整体院です。

上総一ノ宮駅のそばにあります。先生はとても親切に相談にのって下さいます。

整体院入り口       治療する新小田先生      治療院受付カウンター

一宮不動産株式会社

千葉県長生郡一宮町にある親切な不動産屋です。日本で一番住み易いといわれる上総一宮町とその周辺の土地・建物・貸家やリゾート物件を紹介しています。

(有)サンオフィス

千葉県長生郡一宮町にある不動産屋です。貸し駐車場・賃貸物件の多さはこの地域では定評があります。リゾート物件・建物・土地に関するご相談は上総一宮駅前のセブンイレブンの隣にある(有)サンオフィスへ。2階では料理教室が行われていて、美味しい料理の作り方を教わることがで

きるサン・クッキングスクールが併設されています。